CHECK

無駄を省いて建築費用を抑えられる工務店

無駄を省いて建築費用を抑えられる工務店

全国どこであっても一定の品質を保つハウスメーカーとは違い、工務店は柔軟な対応をしてくれます。
設計士を大工が兼任しているところが多く、具体的な要望を出すとその場で施工者が検討してくれるのです。
このメリットは建築費用についても好影響を及ぼします。
コスト削減で役立つのが一部の無駄な設備を省くことです。
好みが分かれる点ではありますが、壁紙を貼らずに木質パネルのままにすれば内装工事費用が大幅に削れます。
一般的なハウスメーカーではこのような仕様にしてもらえません。
一部のハーフビルド対応メーカーだけでしょう。
木質パネルの質感が好きならば、工務店に要望を出すのがおすすめです。
他にはベランダやバルコニーをなくすことも考えられます。
乾燥機しか使わず、自然乾燥をさせないのであれば、ベランダなどは必要ないかもしれません。
それでも標準装備として設置されてしまうハウスメーカーは多いです。
それを無駄だと感じるならば、柔軟性に富む工務店を検討するのが賢明です。

工務店によってまちまちで大きく異なる標準仕様について

ハウスメーカーで良く標準仕様という事がを見かけますが、どういった意味かと言うとそのハウスメーカーで使われている各部材のグレードが決まっていて、メーカーごとで標準がどの程度のグレードなのかが決まってます。
工務店も同じように、工務店ごとに標準仕様は大きく異なります。
例えばキッチンインテリアに力を入れている場合には、その売りであるキッチンの標準グレードも当然高くなります。
それに対してキッチンより別の箇所に力を入れている場合には、標準グレードも下がって低スペックの物になります。
ハウスメーカーの場合は、どの箇所でもある程度高価なグレードのパーツを標準で付けているため、工務店よりも割高な場合が多いです。
それに対して工務店は、完全にフリーでどの部分も決まっていない所も存在して、デザイナーや職人が自由に決めるので毎回違うグレードの部材が使われてもおかしくないです。
カタログも無いし、どのグレードのパーツを使うのかも決まっていないと、建てた時に後悔しないように例えばキッチンに拘りたければ、前もって要望を伝えておく必要があります。

工務店に関する情報サイト
工務店で理想の住まいを

家を建てる際にどこ頼もうか迷う方は多いですが、工務店も非常に多くの方から依頼され人気です。
家の施工には様々な職人や専門家が集まり施行されます。
その中でも家を建てる施工管理が役割なので、理想とするデザインを実現してくれます。
メーカーの様に店のイメージデザインと言うものがなく、お客のニーズに合わせて臨機応変に対応してくれるのが強みです。
その為設計も自由度が高く、それでも費用は広告費や展示場維持費を加えないので費用を安く抑える事も出来ます。

Search